ABBAオフィシャルファンクラブのホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

ABBAの「恋のウォータールー」がユーロビジョンコンテスト歴代1位を獲得!!

ABBAの「恋のウォータールー」がユーロビジョンのベストソングに選ばれましたが、英国人はアデルに英国代表として出場してほしいと考えています。
2,000人の英国人を対象とした調査によると、スウェーデンの伝説的なヒット曲が最も人気がありましたが、トップ10は英国のヒット曲で占められていました。また、10人に4人の大人が、コンテスト全体を「The Worldvision Song Contest」と改称することを希望しています。

 

2,000人の英国人を対象とした調査によると、スウェーデンの伝説的なヒット曲であり、バンドに初のUKチャート1位をもたらしたこの曲は、回答者の50%に最も人気がありました。
しかし、トップ10は英国のヒット曲で占められており、Bucks Fizzの「Making your Mind Up」は大人の3分の1に好まれています。
ブラザーフッド・オブ・マンの「Save your Kisses for Me」が3位、クリフ・リチャードの「Congratulations」が4位となっています。
ルルの「Boom Bang a Bang」がトップ5に入り、カトリーナ・アンド・ザ・ウェイブスとジーナGもトップ10に入っています。


ユーロビジョンの65年の歴史の中で最も物議をかもしたエントリーのひとつ、オーストリアのドラァグクイーン、コンチータ・ヴルストの「Rise like a Phoenix」も9位に入りました。
EuroJackpotを2対1で提供しているLottoland.co.ukのスポークスマンは、次のように述べています。「好きでも嫌いでも、ユーロビジョン・ソング・コンテストは人々の話題をさらわずにはいられないし、何年経っても多くの人々がこのコンテストを見続けているのは素晴らしいことです」
「このコンテストは、人々を結びつける素晴らしい方法であり、ヨーロッパの隣国やその他の国々がどのようなイベントを開催するのか、今から楽しみです」。
「Eurovisionは何よりも多様性の祭典であり、宝くじと同じように、私たちの国が提供するすべてのものを見る機会を与えてくれます」と述べています。


*スペイン・ユーロビジョン・ソング・コンテストにイギリス代表として「Boom Bang-a-Bang」を歌うため、バッグにはBBCテレビの「Madrid」という大きなタグが付けられている。(Photo by Radio Times Archive via Getty Images)
1969年、スペイン・ユーロビジョン・ソング・コンテストに英国代表として参加するため、ユニオンジャックの傘を持つルル (Image: Getty Images)


多くの大人が、ユーロビジョンで英国を代表する歌手を選ぶことができたら、誰にしたいかを考えていることがわかりました。
アデルは英国代表として断トツの人気を誇っていますが、エド・シーランやロビー・ウィリアムスの出場を希望する人もいます。
テイク・ザット、リトル・ミックス、トム・ジョーンズなどもエントリーに値するアーティストと考えられています。
しかし、英国人はユーロビジョンが政治的な問題を引き起こすきっかけになると確信しています。10人中7人の大人は、他の国がイギリスの実力にかかわらず、わざとイギリスに低い点数をつけると確信しています。


さらに4分の3の人は、多くの国が「戦術的な」投票の一環として、隣国がうまくいくように投票していると考えています。
また、10人に4人の大人が、このコンテストを「ワールドビジョン・ソング・コンテスト」に改称し、すべての国のアーティストが参加できるようにすることを望んでいます。
OnePoll社が実施した調査によると、41%の大人がユーロビジョンを毎年見ており、5分の1はこのイベントのためのパーティーにも参加しています。
しかし、すべての人が関心を持っているわけではありません。74%の人が投票したことがなく、さらに10人に1人が一度も視聴したことがないと答えています。
Lottolandのスポークスマンは、「ユーロビジョンには、私たちが好きか嫌いかに関わらず、ダサい要素があります。しかし、衣装、ユーロポップ音楽、そしてグラハム・ノートンのような人たちが関わることで、目が離せなくなるのです」と付け加えました。
「今年のユーロビジョン・パーティーは中止になるかもしれませんが、私たちは必ず見ていますし、ユーロジャックポットに賭けてみるのも楽しいですよ」。


歴代のユーロビジョン曲トップ20
1. ABBA-「恋のウォータールー」(1974年、スウェーデン)
2. Bucks Fizz -「Making Your Mind Up」(イギリス、1981年)
3. ブラザーフッド・オブ・マン – 「セイブ・ユア・キス・フォー・ミー」 (UK, 1976)
4. クリフ・リチャード – 「Congratulations」 (UK, 1968)
5. ルル – 「ブーム・バン・ア・バン」 (UK, 1969)
6. カトリーナ・アンド・ザ・ウェイブス – 「ラヴ・シャイン・ア・ライト」 (UK, 1997)
7. ジーナG – ‘Ooh Aah…. Just a Little Bit」(イギリス、1996年
8. Lordi – ‘Hard Rock Hallelujah’ (フィンランド, 2006)
9. コンチータ・ヴルスト – 「Rise Like a Phoenix」(オーストリア、2014年)
10. ダナ・インターナショナル – 「Diva」(イスラエル、1998年)
11. ローレン-「Euphoria」(スウェーデン、2012年)
12. The Olsen Brothers – 「Fly On the Wings of Love」 (デンマーク、2000年)
13. マンス・ゼルメルロー – 「Heroes」(スウェーデン、2015年)
14. アレクサンダー・ライバック – 「Fairytale」(ノルウェー、2009年)
15. レナ – 「サテライト」(ドイツ、2010年
16. エメリー・デ・フォレスト-「Only Teardrops」(デンマーク、2013年
17. ドメニコ・モドゥーニョ – 「Nel blu, dipinto di blu」 (イタリア、1958年)
18. LT United – 「We Are The Winners」(リトアニア、2006年)
19. Sertab Erener – 「Everyway That I Can」 (トルコ、2003年)
20. ジェシ・マタドール-「Allez Ola Ol」(フランス、2010年)

ユーロビジョンでイギリスを代表してほしい人
1. アデル
2. Ed Sheeran
3. ロビー・ウィリアムス
4. テイク・ザット
5. リトル・ミックス
6. トム・ジョーンズ
7. ルイス・キャパルディ
8. クイーン(現在のラインアップ
9. サム・スミス
10. コールドプレイ
11. ケイト・ブッシュ
12. デュア・リパ
13. マクフライ
14. ポール・マッカートニー
15. ブラック・サバス
16. ウエストライフ
17. マムフォード・アンド・サンズ
18. ジェームズ・アーサー
19. ステレオフォニックス
20. バステッド

 

https://www.mirror.co.uk/news/uk-news/abbas-waterloo-voted-best-eurovision-24160514

 

 


ホームページ作成ホームページ制作京都