ABBAオフィシャルファンクラブのホームページです。

ABBAファンのみならず、
ABBA初心者の方も楽しめるそんなサイトです。
充分にご堪能下さい。

劇団四季 マンマ・ミーア! WATERLOO RADIO

ABBAのコンサートチケットは永続して売れ続けることができるのか?

先月初めにニューアルバムとバーチャルコンサートを発表した再結成ABBAは、「没入型デジタルコンサート体験」を開催するために、ロンドンに特別な会場を建設しています。このコンサートでは、歌手のアグネタとフリーダ、インストゥルメンタリスト/ソングライターのベニーとビヨルンが、2022年5月27日からロンドンの専用アリーナで、10人編成の生バンドとともに、ABBAターを使ってデジタルパフォーマンスを行ないます。この画期的なショーの予備リハーサルがロンドンで始まったことを受け、Varietyはプロデューサーのスヴァーナ・ギスラとルドヴィグ・アンダーソンにインタビューを行ないました。

「毎日、新たな悪夢のような問題が起こりますが、それを乗り越えていきます!」とベニーが語ります。「控えめに言っても冒険だよ」。

最初に発売されたチケットは、需要が高すぎてサイトがクラッシュしてしまいました。

「ABBAが人気があることは知っていましたが、このように受け入れられることを保証するものではありませんでした」とベニーは続けます。「それはうれしいことですが、もちろん怖いことでもあります。チケットが売れるたびに責任が重くなるのは当然のことです」。

「もうすぐあと3ヶ月分の販売を開始する予定です」 とGislaは言います。「私たちはかなりの期間、ロンドンにいることになります。それに、何が出てくるかわからないもののためにチケットを買ってもらえるのは、明らかにうれしいことです」。

そのコンサート体験がどのようなもので、なぜ他のコンサートとは少し違うのかを詳しく説明することはできますが、基本的にはABBAのコンサートです」とギスラは言います。

しかしアンダーソンは、『Voyage 』が当時のABBAのライブにどれだけ近いかを気にする必要はないと付け加えます。

「そんな風に考えてはいけません」「つまり、信じられないほど近い、可能な限り近いものになるでしょう。でも、これはそれ以上のものです。何かに近づいているという感覚ではなく、何かを通り越して宇宙にまで行ってしまうような感覚になると思います」。

2人によると、セットリストは19~22曲のABBAの曲で構成され、「コンサートのためのセットリストであって、”ベスト・オブ “のカラオケセッションのためのものではありません。セットリストは将来的に変更される可能性があります。また、ショーを他の場所に移動させることも可能です。スウェーデンのデザインの伝統として、専用の会場をフラットパックにして移動させることができますし、複数の場所で同時に開催することも可能です。

将来的には、ドイツとオーストラリアが候補に挙がっており、アメリカ(「ABBAはアメリカでも人気があるのか?」とベニーは考えています)やスウェーデンも候補に挙がっています。しかし、プロデューサーたちは、この経験を他のアーティストで再現することは考えていないと言います。

他のバンドがこれを見て、”もうツアーをしなくてもいいんだ、これをやればいいんだ “と思うべきではないと思います」とベニーは述べます。「これが成功する唯一の可能性は、ABBA自身がまさにこれをやりたいと思っているからです。彼らは、これがファンとつながる最高の方法だと考えています。事実、実際にその場にいた場合よりも良い方法なのです」。

+ 英国政府は、ストリーミングビジネスを規制するための新たな法律の制定を、少なくとも今のところは見送っていますが、英国の熾烈な#FixStreaming論争はまだ終わっていません。

デジタル・メディア・文化・スポーツ省の議会委員会の厳しい報告書に対して政府が曖昧な反応を示した後、新しい「音楽業界コンタクトグループ」の一環として、両者がテーブルを囲むという興味深い見通しが出てきました。このグループは、閣僚が法案の必要性を最終的に判断する前に、政府に対してさらなる証拠を提供することになります。

委員会は、運動家が演奏家の収益を大幅に向上させるとしている、公平なデジタル音楽報酬(ER)を受ける権利の導入など、一連の過激な提言を行っていたが、政府はその主張にあまり説得力を感じていないようだった。むしろ、産業界が独自に解決策を打ち出すことを支持しているのは明らかです。しかし、何ヶ月にもわたる議論の中で、両者の意見が食い違っていた場合、その可能性はどのくらいあるのでしょうか?バラエティ誌は、コンタクトグループのメンバーになりそうな2人の有力な経営者に話を聞いた。

「正直なところ、政府が法律を制定しない限り、私たちが望むものは得られないと思います」と語るのは、Ivors Academyと共同で#FixStreamingキャンペーンを展開し、ミュージシャンのTom Grayによる#BrokenRecordキャンペーンも行なっているMusicians’ Unionの書記長、Horace Trubridgeです。「レーベル側には、公平な報酬を得ようとする意欲がありません!!」

BPIのCEOであるジェフ・テイラーは、Variety誌の取材に対し、レーベル団体として「ERは重大な過ちであるという我々の見解に絶対的な確信を持っている」と述べました。しかし、「アーティストの地位を向上させるための別の方法について話し合うのであれば、もちろん私たちはそのことにとても興味があります」と付け加えています。

この会議の結果にかかわらず、12月に第2読会が予定されている「著作権(音楽家等の権利と報酬)に関する私設法案」を提出しているケビン・ブレナン議員を通じて、ERが導入される可能性もあります。しかし、Trubridgeは期待を寄せています。

「私たちにとっては、これは壁のもう一つのレンガであり、問題を公にして政府の注意を引くためのもう一つの方法なのです」と彼はVariety誌に語っています。「そして、今の政府であろうと、他の政府であろうと、最終的にはこの件に関する法律を制定することができると思います」。

“もちろん、私たちはその民間議員法案に関与していきます “とテイラーは言います。「しかし、政府が、業界の将来の見通しに大きな影響を与える可能性のある時期に、広範囲に及ぶ法律を制定して介入するのに必要な証拠の質や範囲がないと結論づけたのは正しいと思います」。

キャンペーン担当者は、レコード会社がアーティストにより良い条件を提供する余裕がある証拠として、主要レーベルの最近の記録的な利益や、ユニバーサルミュージックグループのIPO後の高額評価を挙げています。しかし、テイラーは、レーベルはすでに改革を行なっていると言います。

「メジャーレーベルは、すでにアーティストにより多くのものを与えています」「ここ数年で、多くの問題が解決され、進歩しています。問題は、その先にまだできることがあるのかということです」。

Trubridgeは確かにそう考えています。

「ソニーがやったことはいいのですが、ワーナーやユニバーサルからは何もしてくれないんだ」。

もし、このコンタクトグループのセッションのチケットが売れるとしたら、それは完売するのではないかと思うほどです。しかし、テイラーは建設的な話し合いが続けられることを望んでいる。

「しかし、テイラーは建設的な話し合いが続けられることを願っています。「この期間を振り返ると、協力し合えなかったことや、一部の人が業界の話し合いに悪い血を流してしまったことなど、残念なこともあるでしょう。「しかし、私は確信しています。もし業界が、すべての人がもたらす価値を認識することに焦点を当て、すべての人が繁栄するように協力しようとするならば、良い進歩を続けることができるのです」。

私たちの時代に平和は訪れるのでしょうか?

+ メジャーは強すぎるのか?DCMS議会委員会は、この問題についても政府に調査を求め、大手レーベルを競争市場局(CMA)に委ね、委員会がメジャーの「市場支配」と呼ぶものを調査するよう求めていた。しかし、政府は上記のように、市場調査が必要かどうかの判断をCMA自身に委ねることを選択しました。

CMAの広報担当者は、「我々は、音楽ストリーミング分野について提起された懸念と、市場調査に価値があるかもしれないという政府の見解を認めます」と述べています。「CMAのスタッフは、CMA理事会が10月の会合で検討するための最初の提案を作成しており、その議論の結果を政府とDCMS委員会に報告することを約束しています」と述べています。

CMAは、ソニーによるAWALの買収についての第2段階の詳細な調査にも忙しくなるでしょう。情報筋によると、CMAはクリスマス前に最初の調査結果を発表し、最終的な判決は3月初旬に出される予定だといいます。この買収は、他の地域では無条件で承認されています。関係者は、CMAが力を発揮するようになったのは、ストリーミング調査が政治的な影を落としているからだと確信しています。しかし、それだけでこの取引が阻止されるかどうかはわかりません。

様々なプロセスの中で何が起こっても、ある企業はストリーミングの議論からかなりの評価を得ることができそうです。出版・レコード業界の大企業であるBMGは、音楽業界の「完全なリセット」を求める委員会の呼びかけを歓迎した最初の音楽グループであり、Horace Trubridgeは、契約の改革と取引の改善に向けた彼らの活動を賞賛しています。

アーティストに優しい動きがさらに増えることが期待されます。しかし、英国のボスであるレパートリー&マーケティング担当社長のアリスター・ノーバリーは、Variety誌に、「クレイグ・デヴィッド、ナタリー・インブルーリア、デュラン・デュラン、ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンなど、最近注目を集めているアーティストを獲得できたのは、こうした要素があったからだ」と語っています。

「確かに、弁護士やマネージャー、そして多くの場合はアーティスト自身もそれを意識しています」とノーバリーは言います。「確かに弁護士やマネージャー、そして多くの場合、アーティスト自身も意識しています。「それは重要なことですが、創造性や起業家精神、そして長期的かつ国際的な視野を持つことも同様に重要です。

実際、商業的にもうまくいっており、英国の会社が既存の才能に焦点を当て、いくつかの重要な新人アーティストを補足したことが、小売店で効果を上げています。BMGの英国でのアルバム売上は、2021年1~6月に10.5%増加し、市場全体の1.4%の増加を大きく上回りました。

Norburyは、リック・アストリーやカイリー・ミノーグが成功した例を挙げて、「私たちが特に得意としているのは、しばらく活動を休止していた人を復帰させることです」と言います。「過去5年間、毎年アルバムを出していた人を復帰させるのは大変です。しかし、このようなアーティストは、火薬を使わないようにしているので、メディアには彼らと仕事をしたいという興奮と意欲があるのです」。

Norbury氏は、Duran Duran、JLS、Imbruglia、Minogueのリリースが、Ed Sheeran、ABBA、Coldplayなどと競い合うことになる満員の第4四半期にも、この状況が続くことを期待しています。BMGは、大規模な競争にもかかわらず、自社のアーティストのために主要なメディア枠を確保したと言います。

「私が記憶している中で最も健全なQ4であり、店頭では非常に多くの人が立ち寄ると予想しています。「私たち全員にとっても良いことだと思いますが、特に BMG にとっては良いことだと思います。なぜなら、私たちには強力なレーベル・アイデンティティーがあり、これらの大作には大量の音楽出版の関心があるからです」。

物理的な小売業者は、パンデミックに見舞われた悲惨な18ヶ月を経て、第4四半期のブームを期待していることでしょう。しかし、ここ数週間で、セントラル・ロンドンに活気が戻ってきたことは確かです。まず、ジャック・ホワイトが自身のサードマン・レコードのロンドン支店をソーホーにオープンし、今度はクイーンがカーナビー・ストリートのすぐ近くに「Queen The Greatest」というポップアップショップをオープンしました。

このショップでは、限定のレコードやグッズを販売し、バンドの50年の歴史を振り返ることができます。現在のところ3ヶ月間のオープンを予定していますが、Universal Music社のマーチャンダイジングカンパニーBravadoのマネージングディレクターであるDavid Boyne氏は、十分な需要があれば長期的な施設になる可能性があるとVarietyに語っています。Bravado社は、同じ通りにローリング・ストーンズの常設店を持っています。

「ストーンズショップから)学んだことは、象徴的なバンドが生み出す永続的な価値と魔法です」とBoyneは言います。「私たちはそれを当然のことと考えてはいけません。この4〜6週間で、人通りが本当に増えました。ロンドンの中心部が再び開き始めているのを感じることができます。

また、Boyne氏によると、Bravado社は、他の多くの象徴的なアーティストのために、特注のフィジカル・リテール・オプションを検討しているそうです。

+ イギリスで最も成功しているラッパーの一人であるAitchのマネジメント、レーベル、出版を行う360度エンターテインメント企業であるNQは、地元のマンチェスターにスタジオとイベントスペース、プライベートメンバーズクラブを備えたNQ Houseをオープンし、事業を拡大しています。

「CEOのMichael Adex氏はVariety誌に次のように語っています。「ハシエンダ(ナイトクラブ)、ファクトリーレコード、オアシスなどの音楽の伝統があり、新しい音楽の波がこの街から生まれています。ロンドンに拠点を置かなくても、音楽を作ることはできるのですから」。

アデックス社は、エド・シーランに認められたアイチが、アメリカでの10Kプロジェクトを経て、来年、アメリカで大々的に活動するために、アメリカ人の協力者を得ることを計画しています。また、将来的にはアメリカにもNQハウスをオープンしたいと考えています。

一方、NQは英国で最も急速に成長しているインディペンデント企業の一つですが、現在、音楽関連の買収市場が活発化しているため、Adexは自社の売却を否定していません。

「そのようなオファーはたくさんありましたよ。「これまでの実績から、必要なものはほとんどありません。しかし、付加価値や資金面など、すべての面で意味のあるオファーがあれば、いつでも話を聞きたいと思っています」。

しかし、何が起ころうとも、マンチェスターは常に彼の心の中にあります。

「私はこれからもマンチェスターに家を持ち続けるでしょう」と彼は言う。「しかし、私は自分自身を世界市民として見なしたいと思っています。ある日はパリにいて、次の日はロサンゼルスにいるかもしれませんから、どこにいても私に追いつくことができます」。

+ コールドプレイやアッシュなどをスターダムに導き、エミネムやクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジなどの代理人を務めた伝説のブッキングエージェント、スティーブ・ストレンジ氏に、英国の業界はついに惜別の意を表しました。X-Ray Touringエージェンシーの共同設立者であり、舞台裏での熱狂的な存在感と人を惹きつける笑い声で知られるビジネス界最大の人物であるストレンジ氏は、先週、短い闘病生活の末に53歳で亡くなりました。

先週末には、TwitterでStrangeがトレンド入りするほど、業界全体から彼への賛辞が寄せられました。その中で、Coldplayは彼を「音楽業界の巨人」と呼び、Ashは彼が「このビジネスを永遠に変えた」と述べ、同じくスーパーエージェントであるUTAのワールドワイドツアー部門責任者のNeil Warnockは彼を「音楽の世界における絶対的なアイコン」と称賛しました。

Brit Beat: ABBA ‘Voyage’ Producers Speak on Hot-Selling Virtual Concert in London (yahoo.com)


ホームページ作成ホームページ制作京都